大成建設のエコロジー建築

太陽光採光システム T-Soleil

T-Soleil (ティー・ソレイユ)は燦々と降り注ぐ太陽の光をふんだんに建物空間へ採光し、より快適な光環境を創造する太陽光採光システムです。 四季を通して快適で優しい光環境は、人々に安心感と活性化をもたらします。

1次ミラー

1次ミラー
自然光を効率良く捉える太陽追尾型ミラー

3次ミラー

3次ミラー
優しい光を室内空間に行き渡らせる可動拡散性ミラー

2次ミラー

2次ミラー
まぶしさを抑え、柔らかい光をつくる特殊プリズムミラー


設計担当者のコメント

大成札幌ビルは外断熱を施した高断熱外壁と細い窓開口を採用することにより、できるだけ屋外の気候の影響を受けないように設計しています。窓が小さいことで不足する採光を、トップライトから効率よくしかも優しい光にしてたくさん取り入れる装置がT-Soleilです。
エコボイドの底ではT-Soleilの採用により、トップライトだけの採光に比べ2〜3倍の照度が得られます。調光装置との組み合わせでエコボイド周りの照明電力が20〜30%削減され、環境負荷の低減にも貢献します。 (設計本部 小林 光)


執務者への質問
  • 本当に下まで明るいのですか。雪の多い冬季や雨や曇り空の日はどうでしょうか。
  • 晴れた日は大変明るいです。ミラーでコントロールされた質のいい柔らかい拡散光が入ってくるので快適です。
    曇りなら曇りなり、夜なら夜なりの明るさですが、充分明るく、不都合を感じることはありません。
    外部の天気がオフィス空間にやわらかに反映されて、明るさで天気や時間を感じることができ、オフィスにいながら外の環境とつながっている意識があります。

NEXT