HOME > NEWS2018 > 2018.12 「La・La・Grande GINZA」がグッドデザイン賞を受賞│de'-TAISEI DESIGN

NEWS2018

2018.12 「La・La・Grande GINZA」がグッドデザイン賞を受賞

La・La・Grande GINZA

当社設計・施工作品の「La・La・Grande GINZA」が「2018年度グッドデザイン賞」を受賞いたしました。

公益財団法人日本産業デザイン振興会が主催する当賞は、総合的なデザインの推奨制度です。
デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動であり、1957年の開始以来、シンボルマークの「Gマーク」とともに広く親しまれてきました。
当賞は、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、私たちを取りまくさまざまなものごとに贈られ、かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。
さらに、複雑化する社会において、課題の解決や新たなテーマの発見にデザインが必要とされ、デザインへの期待が高まっています。
グッドデザイン賞は、審査と多様なプロモーションを通じて、デザインに可能性を見出す人びとを支援し、デザインにできること・デザインが生かされる領域を広げ、私たちひとりひとりが豊かに、創造的に生きられる社会をめざしています。


La・La・Grande GINZA

銀座の泰明通り近くのテナントビルです。
貸床面積が最大となる計画を行うと、ファサードには、避難階段・EVホール・エントランス・避難バルコニーが並びます。
この4つの機能を、慣習的な形からずらし、縁側の質を持つ、ひとつのファサード空間で作ることにしました。
一方で、このビルは一般的なテナントビルと同様にスケルトンの状態で竣工しています。
仕上とも躯体ともとれるコンクリートの未完成のビルは、街の側にもインテリアの側にも属することのできる縁側空間を持つことで、テナント設計を受入れ、街の変化と共に永遠に作り続けられる建築となります。
それは、ここを使う人々だけでなく、この街のデザインへとつながっています。

[デザイナーより]
確認申請済みの計画が付随する土地をもつ施主が、ゼネコンに、施工だけでなく設計の依頼をすることを、設計者として誠意をもって受け止めたいとの思いが最初にありました。
元々の設計は、地価の高い銀座の計画として、よく考えられており、それ以上を望むことによって、技術的なチャレンジを伴う計画となったことは、必然であったように感じています。
そして、理論値での設計計画を、細やかな精度管理のもと実現できたのは、設計施工のゼネコンだからできた仕事であると自負しています。
この建築は、施主、設計、施工の3者が3者共にそれぞれの仕事にプライドを持ち、ひとつのチームをお互いにつくりあげてこそ、実現した建築であることを記しておきます。
過去の設計者や未来の設計者を信じて設計すること、施主や施工者を信じて建築をつくること、そのように、様々な人を信じることによって生まれた建築が、この地で永く街の一角を担うことを願っています。

建築主 フジイ興産株式会社
所在地 東京都中央区銀座6-3-18
用途 物販店舗、飲食店舗
構造 鉄筋コンクリート造
規模 地下1階、地上6階
建築面積 147.62m2
延床面積 962.90m2
工期 2016年5月~2017年12月
設計 大成建設株式会社一級建築士事務所
施工 大成建設株式会社東京支店