HOME > WORKS2004 > ダイヤモンドシティ ソレイユ

WORKS 2004

ダイヤモンドシティ ソレイユ

所在地:広島県安芸郡府中町
延床面積:218,130.17m2
地上:5階

建築設計主旨

キリンビール広島工場跡地の大型商業施設による再開発プロジェクトです。中核となるショッピングセンター(ダイヤモンドシティ ソレイユ)は、工場のシンボルとして保存された煙突を取り巻くように北から東にかけてL型に配置しました。これによりモール長さが極大化すると共にメインアクセスとなる南と西に向かって建物が開かれる形となりました。外観デザインでは、壁面を連続する街並みになぞらえて分割し、様々な色彩を施すことで街の賑わいを演出すると共にスケール感を低減しています。さらに煙突前の広場を、既存レストラン「キリンプラザ」の池やガーデンへと連続させ、一体的に計画することで水と緑の豊かな自然環境を生かしています。

構造設計主旨

当施設は計画上、店舗棟と駐車場棟に大別されています。これらの棟はEXP・Jを設け別棟として設計しています。駐車場棟は主架構に耐火鋼を採用することにより無耐火被覆としています。店舗棟は2階から5階にバランスよくブレース(座屈拘束ブレース)を配置しています。1階床はマットスラブ、杭頭は半固定工法を採用しています。さらに限界耐力計算にて設計することにより、適切な外力を設定しローコストを実現しています。

設備設計主旨

設備設計の原単位については、これまでの類似の大規模ショッピングセンターの設備容量実績を分析し、基準の原単位の見直しを行うことにより、ローコストかつ要求された設備性能を満足する施設を完成することが出来ました。また、熱源は冷房熱源(氷蓄熱方式)のみとし、さらに熱源受託方式を採用することにより、省ランニング化とローコスト化にも寄与しています。

担当

大成建設担当者
総括 芝山哲也
建築設計 佐取徳隆、池田浩二、渡邊哲也、堀川斉之
構造設計 根本栄、岩城邦雄
設備設計 豊原範之、藤田協二
電気設計 前田義徳、三宅英司