HOME > WORKS2004 > 日立ツール株式会社成田工場IS増築

WORKS 2004

日立ツール株式会社成田工場IS増築

所在地:千葉県成田市
延床面積:3,681.51m2
地上:1階

建築設計主旨

本建物は、切削工具を製作する工場の増築です。
外装材は、コンクリート打放し+横連窓サッシュ+ALC板を組合わせ、南北面15m・東西面20mのモデュールにより構成されたシンプルでリズミカルな外観となっています。横連窓サッシュ下部にフィンを設置することで、コンクリート打放し面の汚れを最小限としています。
内部はシステム天井と天井内に設置した全面ぶどう棚により、機器レイアウトの変更に対応できるフレキシブルな空間となっています。

構造設計主旨

構造架構は直接基礎、鉄骨造の両方向ブレース構造です。
全てに於いて軽量化を図り基礎は杭を用いない直接基礎とすることで短工期に対応しています。
外周部に配置したブレースが地震力を負担します。又、ブレースの交差部を上部へ偏芯させることにより天井内に収め、横連窓との干渉をさけています。

設備設計主旨

生産設備機器のレイアウト変更にフレキシブルに対応できる設備方式としました。天井は、給水・エアー等のユーティリティラインとシステム天井により構成され、生産機器用の天井コンセントは、システム天井に設けられています。
天井内に中継コンセントボックスを設け、天井コンセントとの間をプラグ・コネクター付ケーブルにより接続しています。コンセントの位置を変更するときは、コンセント付システム天井パネルを移動し、直近の中継コンセントへ接続しなおすことで、配線盛替えや天井下での追加配線工事が不要です。
また、工場内の照明をゾーニングし、昼光量に応じて、照度センサーによる照明制御を行い、消費電力量の抑制、器具の長寿命化を図っています。

担当

設計担当
建築設計 佐取徳隆、野尻進、斎藤美和
構造設計 川田雅義、出雲洋治、長岡智子
設備設計 鴫原新一、吉田典彦
電気設計 鴫原新一、小林信郷