HOME > NEWS2014 > 2014.11 「大手町の森」が都市公園コンクールで国土交通大臣賞を受賞

NEWS2014

2014.12 「霞が関コモンゲート・中央合同庁舎第7号館」が公共建築賞優秀賞を受賞

一般社団法人公共建築協会が主催する「第14回公共建築賞」において、当社共同設計・共同施工作品である「霞が関コモンゲート・中央合同庁舎第7号館」が優秀賞を受賞しました。

公共建築賞は、優れた公共建築を表彰することにより、公共建築の総合的水準の向上に寄与することを目的としたもので、ひろく公共建築のあるべき姿についての意識を啓発し、より優れた公共建築を生み出すことに役立たせたいというものです。
評価の基準として、設計施工が優れているということのみでなく、地域社会への貢献や施設の管理保全といった視点からも、評価を行うこととしており、そのため竣工後3年以上経過したものを対象としています。

「霞が関コモンゲート・中央合同庁舎第7号館」は、東館と西館の官庁施設部分では、本省庁の行政機能を支える高い性能を備えると共に、民間オフィス部分の大空間化やフレキシビリティの確保等、先進のワークプレイスを実現しています。
また中央広場は、超高層ビルや旧文部省庁舎、隣地にあたる霞が関ビル・東京倶楽部ビルとも一体的に整備し、周辺地域との融合性のある街区全体での街づくりを目指し、にぎわいを創出しています。

霞が関コモンゲート・中央合同庁舎第7号館
発注者 国土交通省、文部科学省、会計検査院、金融庁、独立行政法人都市再生機構
事業者 霞ヶ関7号館PFI株式会社
所在地 東京都千代田区
用途 事務所、物販店舗、飲食店舗、自動車車庫
構造 鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
規模 地下:3階、地上:38階、塔屋:1階
竣工 2008年9月
設計 久米設計・大成建設・新日鉄エンジニアリング設計共同企業体
監理 株式会社久米設計
施工 成建設・新日鉄エンジニアリング・日本電設・三菱重工業建設共同企業体
詳細 NEWS 2011.05 「2011年日本建築学会賞(業績)」を受賞
http://www.taisei-design.jp/de/news/2011/05_01.html